お知らせ

2019. 10.12 福岡工業大学付属城東高等学校の科学クラブの皆さんが研究室を訪問し、研究発表会に向けたディスカッションを行いました

2019 2019~2020年度の九州大学 世界トップレベル研究者招へいプログラム(Progress100)通常枠 トップ100大学交流支援型(プロジェクト名:TOP 4大学と実施する科学計測技術に関する国際学術・教育交流-国立台湾大学、シンガポール国立大学、ミュンヘン工科大学、スイス連邦工科大学-、代表:今坂智子)に採択いただきました


2019. 9.5 博士課程1年(10月入学)として Wen Luさんが入学することになりました!


2019. 7.4 第16回 台湾質量学会年会 (the 16th Annual Conference of the Taiwan Society for Mass Spectrometry) 招待講演を行いました 。 ・T. Imasaka, T. Imasaka, Laser Ionization Mass Spectrometry -Basic Principles and Applications-. (Plenary Lecture)・T, Imasaka, M. L. Siddihalu, T. Imasaka, Spectroscopic Properties of “Novichok” Theoretically Calculated for Gas Chromatography/Femtosecond Ionization Mass Spectrometry. (Invited Lecture)


2019.5.28 2019 国立台湾師範大学と九州大学 学際共同研究と教育の促進に関する合同フォーラム (The 2019 National Taiwan Normal University (NTNU)-Kyushu Univeristy Joint Forum on Facilitating Interdisciplinary Research and Education)において Invited Talk を行いました 。 ・T. Imasaka, T. Imasaka, Femtosecond Ionization Mass Spectrometry for Application to Forensic Science. (Invited Talk)・T. Imasaka, L. M. Siddihalu, T. Imasaka, Study on Photoionization Process in Mass Spectrometry Based on Quantum Chemical Calculation. (invited Talk)


2019.5.19 第79回分析科学討論会において博士課程2年のSiddihalu Lakshitha Madunilさんが口頭発表を行いました 。 ・M. L. Siddihalu, T. Imasaka, T. Imasaka, Gas chromatography/mass spectrometry of highly-toxic organochlorine pesticides using an ultraviolet femtosecond laser as an ionization source


2019.1.10 第49回 量子エレクトロニクス物理の冬季コロキウム (the 49th Winter Colloquium on the Physics of Quantum Electronics)(スノーバード, U.S.)において 招待講演 を行いました 。 The 49th Winter Colloquium on the Physics of Quantum Electronics T. P. Dinh, ・D. Vu, H. Nakamura, A. Li, T. Imasaka, T. Imasaka, Generation of a Vacuum-Ultraviolet Femtosecond Pulse via Four-Wave Raman Mixing and its Application to Mass Spectrometry.(Invited Speaker)・T. Imasaka, T. Imasaka, How can we detect “Novichok”?・M. L. Siddihalu, T. Imasaka, and T. Imasaka, An Ultrashort Ultraviolet Optical Pulse for Ionization of Pesticides in Multiphoton Ionization Mass Spectrometry


2018.10.22   国際シンポジウムの開催と大学間学術・学生交流協定の締結・・台湾師範大学から呉学長など33名、九州大学から久保総長や工学研究院長、役職者など29名をお招きして、九州大学で 国際シンポジウム 「 九州大学と国立台湾師範大学との国際連携のための教育と研究シンポジウム:Symposium on Education and Research for International Collaboration between Kyushu University and National Taiwan Normal University:稲盛ホール、参加者数約61名」 を開催しました(主宰:今坂智子、九州大学世界トップレベル研究者招聘プログラム(Progress100)) 。途中、九州大学と台湾師範大学間の「大学間学術・学生交流協定」が締結式も催されました。国際シンポジウムでは、九州大学側から理学、工学、教育学など多様な分野の研究者が参加して講演されました。また工学研究院、先導物質化学研究所、マスフォアインダストリアル研究所など多くの部局の先生方と協議が行われました。このシンポジウムと協定の締結は、九州大学だけでなく台湾師範大学の公式ホームページにおいても詳細に紹介されています(九州大学 https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/topics/view/1418  台湾師範大学 http://en.ntnu.edu.tw/news-show.php?id=12390)